谷下山窟より発信する現代瓦版


by 05594
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

南アルプスへ

f0174373_2027416.jpg

高山兄からのメッセージ
19日から4泊5日の予定で南アルプスの百名山 聖岳と光岳(3.013㍍)へ、台風を気にしながらの山行、途中小雨や強風雷雨と散々な事に。

 茶臼小屋では一口では食べきれないマグロの刺身が、また朝出発時アザミの歌をテープで流されたり、今までにない体験が。

 どの山小屋も24日で閉じてしまう様で、吾ら15人の団体が今年最後の受け入れらしい。紅葉には早く草花には遅すぎた。

1.イワインチン         岩茵陳と書くが
2.セリバシオガマ       芹葉塩竃 秩父山地や中央、南アルプスで見られる
3.テカリ 石           光岳の言われとなった石灰岩の岩
4.早朝の出発つ        山の出発は早いのが原則
5.便ケ島聖岳登山口 ここが聖岳への玄関口の一つに
6.籠で行くのは        この籠に乗って対岸へ 動力は人力だ
 順不同 
                              タカヤマ・ノボル
f0174373_20395698.jpg
                
f0174373_20282972.jpg
f0174373_20294910.jpg
f0174373_20303443.jpg
f0174373_2031155.jpg

敬愛する女性ブロガーJさまから、小生に対して「谷下仙人」なる敬称(軽の間違いなるやも知れず)を賜ってしまった。仙人と言えば白い顎髭をはやして、変梃な杖をつき、時に応じて雲の上から転落するご老体を想像しておられる歟と思う。
確かに小生は、平成生まれのアンチャンではない。されど、後期高齢者には、ちーっとばかり精神年齢がたらぬ。そうかといって、政治家のブログではないのだから、素顔を見せたくもない。
幸い同僚のタカヤマ・ノボル兄が南アルプ「光岳」征服の写真を送ってきた。
オレと片手以内の年齢差(精神年齢に非ず)である。
顔に大きな絆創膏が貼ってあるようだが、農林水産相だって怪我をすれば貼る。
騒ぎ立てる方が可笑しいと思っている。
冗談は兎も角、ヤカヤマ兄より、オレノホウが体重は少し軽いかも知れない。脳みその目方の差であろう。

f0174373_216275.jpg

[PR]
by 05594 | 2008-09-24 20:33