谷下山窟より発信する現代瓦版


by 05594
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

復刻ブログ

f0174373_21412015.jpg

ブログの引っ越しをしたいと思っている。因みにこのサイトは、「谷下文庫」から引っ越し第一号となる。

アマノタヂカラオノミコと、訓読みして下され。
天照大神が天の岩屋にお籠もりになった時の事でございます。その時の様子を、古事記上巻に次のように書かれています。本当にあったことかどうかは分かりません。またこの写真とも関係はありません。高山登氏が屋久島から帰ってきたばかりです。「屋久島白谷雲水峡の辻の岩屋で」


…まず天の香具山のよく茂った榊を根こそぎ掘り取ってきて、その上方の枝に多くの勾玉を長い緒に通した玉飾りをつけ、中ほどの枝に八咫鏡を掛け、下方の枝には楮(こうぞ)の白い幣と麻の青い幣をさげた。このさまざまな品は、布刀玉命(ふとたまのみこと)が神に献上する尊い幣として捧げ持ち、その捧げ持った榊の前で天児屋命が尊い祝詞をことほぎ申し上げた。
次に天手力男命が天の石屋戸の脇に隠れて立ち、そして天宇受売命(あめのうずめのみこと)は天の香具山の聖なる日陰蔓を襷にかけ、聖なる真拆蔓を髪飾りにして、天の香具山の笹の葉を採物に束ねて手に持ち、天の石屋戸の前に、桶を伏せて踏み鳴らし、神がかりして胸の乳を露出させ、裳の紐を陰部までおし垂らした。すると、高天原が鳴り響くほどに数多の神々がどっと笑った。
 これを聞いて天照大御神は不思議にお思いになり、天の石屋戸を細目にあけて、その内から、「私がここにこもっているので、天上界は自然に暗く、また下界の葦原中国もすべて暗いだろうと思うのに、どうして天宇受売は歌舞をし、また数多の神々笑うのだろうか」と仰せられた。そこで天宇受売が「あなたさまよりも立派な神がいらっしゃいますので、喜び笑って歌舞をしているのです」と申し上げた。こう申し上げている間に、天児屋命と布刀玉命が榊につけた八咫鏡を差し出して、天照大御神にお見せ申し上げると、天照大御神はいよいよ不思議にお思いになって、少しずつ戸から身をのり出して鏡に映ったお姿をのぞき見なさるその時、脇に隠れ立っていた天手力男神がそのお手を取って外へ引き出し申し上げた。そしてすぐに布刀玉命が注連縄を大御神の後に引き渡して、「これから内へはお戻りなさいますな」と申し上げた。こうして天照大御神が天の石屋戸からお出ましになったとき、高天原も葦原中国も自然と日が照り明るくなった。
(古事記 上代歌謡 日本古典文学全集1 小学館)より 


Last updated 2008.04.17 16:37:30
[PR]
by 05594 | 2008-05-31 21:48

谷津田抄

f0174373_2018597.jpg

わが町にも、こーた「谷津田」がある…。
こーたところを通ると、どうしたって昔のことを思い出してしまう。
昔ちったって、カムミミムスビ、タカミムスビのころの昔話をするわけでわない。
いまから、約60年前のことだ。
ここさ、アメリカのビー29ちゅう、いがい飛行機が爆弾をばらまいたんだ。昭和20年6月10日の朝だった。
おっかなかったと、古老わ昔話をしていたのを、オレも聞いたことがあるンだよな。爆弾が、ういからつこってくんだから、おっかないのは当たり前だっぺ。
あの頃、クライスター爆弾ちゅうものも、「少年倶楽部」で見たことがあると、古老わいっていた。
そうだなぁ、親子爆弾ちったかなあ。支那の町さばらまく想像画を見たっけ。軍国主義だったからなぁ。
少年倶楽部わ、大日本雄弁会講談社ちゅうところで出した雑誌で、田河水泡、「のらくろ二等卒から大尉までいったっけ。サザエさんの親方だ!
うん。昔話をしていたら、はぁ九時半だ。来年わ、サンマータイムちゆーのが出来て、今10時半だ。
福田くん。なに考えてんのキミ!!
むかしわ、となりのまちに、有名なノーびょーいんがあったっけ。きょ-さんとーだったちゅう話を聞いている。いまわあるかないかしんないけれど、そーたびょーいんさ行って、健康診断をなさるのも、わが国のタメになると、小生は考えるのであるが…。
[PR]
by 05594 | 2008-05-30 21:08

中学生

f0174373_84313100.jpg
コメントは書かない。
ご想像に任せる。
[PR]
by 05594 | 2008-05-27 20:41

村の豆腐屋さん

f0174373_9371765.jpg

村で商売を続けていくことが、だんだん容易でなくなっている今日、いつも流行っている豆腐屋さんである。ここの豆腐は、賞味期限が表示されていない。小売店には卸さないし、宵越しのものは売らないので、その必要がないのである。これから夏になると、冷や奴は毎日必要なものとなるであろう。しかし、ボクは、この店以外の豆腐は敬遠する。
なぜなら、スーパーやコンビニで商っているものは、賞味期限は最低3日ぐらいは設定され、冷蔵庫に保管されて売っているのばかりだからである。
ボクは豆腐の作り方も、賞味期限は、何日ぐらいあるのか知らないけれど、この豆腐屋の豆腐は、冷蔵庫に保管してはダメだ。堅くなってしまって不味くなる。勿論店でも大きな水槽に入れておいてあるだけで、冷蔵庫保管してまでは売っていない。その日に拵えたものを、その日に食べると言う贅沢品である。それを子共のお小遣いに満たない金額で賞味できるのが、この店を流行らせる一因だと思っている。
[PR]
by 05594 | 2008-05-26 09:37

早乙女

f0174373_216579.jpg

夜、テレビから「夏は来ぬ」という唱歌が流れて来た。

さみだれの 注ぐ山田に
  早乙女が 裳裾濡らして
  玉苗植うる 夏は来ぬ

そして老女が植えた苗の手直しの画像が映し出された。
早乙女は老女であった。
唱歌の解説はなかった。
この写真は「想い出の水郷」N・K氏写真集『ひとりボッチ』昭和47年作品による。
著者の好意あるご理解を得て、転載した。氏は有名和菓子舗「K大福」の店主である。
[PR]
by 05594 | 2008-05-24 20:41

惜春

f0174373_17453517.jpg


公園の定義などということは、今まで考えたこともなかったが、ふとそんなことが頭に浮かんだので、辞書を牽いてみる。

>公衆のために設けた庭園または遊園地。
法制上は、国・地方公共団体の造営物としての公園(都市公園など)と、風致景観を維持するため一定の区域を指定して、区域内で種々の規制が加えられる公園(自然公園)とがある。
(広辞苑第5版)
[PR]
by 05594 | 2008-05-23 17:51

プロローグ



f0174373_12261325.jpg
朝日新聞生活面に
患者を生きるというコラムが連載されている。
これは今年(2008)4.25付。
"がん"それぞれの明日④「日常のこと、ブログに書きつづって」というテーマで、神奈川県横須賀市にお住まいのがん患者T.Uさんの身辺を記事にしたものである。

…7月下旬、K医師(41)から、針12本のうち11本でがん細胞が見つかった、と伝えられた。骨盤や背骨にも移転していた。がん細胞の増殖にかかわる男性ホルモンを抑えるホルモン療法を受けることになった。
「最悪の結果」と思う一方で、「不摂生をしてきたのだから、しょうがない」という気持もあった。後に残されることになる妻のほうが気がかりだった。斜め後ろに座っている妻を、振り返ることができなかった。
「悲観も楽観もしないで、気長にやりましょう」とKさんは言った。
「気長に」という言葉に、なぜかほっとした。その期間がどれくらいあるかは尋ねなかった。ただ転移がある場合、厳しい数字だと、インターネットで調べて知っていた。
3日後、がんと付き合いをつづるブログ「楽天がん日記」を始めた。
3ヶ月に1度の検査や診察の結果を記録しているが、むしろ、食べた料理、映画やテレビドラマの感想など、日常の話題が多い。
「闘病記にはしたくない。病気と闘って勝てるとは思えないし、病人として生きていきたくはないのです」
食事は野菜中心に切り換えたが、酒やたばこはそのまま。2年前に始めた社会福祉協議会の広報紙編集のボランティアも続ける。…

このブログはインターネットで「楽天がん日記」ですぐ検索できた。拝見している。
ボクはがん患者ではないが、親しい友人が、5月の連休に入る前、ある日突然大量の血尿を経験した。
病院で検査を受けたところ、「膀胱がん」診断されたそうである。そして連休明けの7日に、
精密検査を受けるために再入院した。
それから1週間後に判った検査の結果で、治療処置は
 ①抗癌剤と放射能治療
 ②患部摘出手術
の2通りであるが、どちらを選ぶかは、本人に決めて頂くしかない。よく考えて、家族とも相談の上決めてほしい。と宣告されたそうである。
 本人も家族もどうしてよいか分からなかったであろう。
そんな経緯があったので、このコラムが強く印象にあった。
親友は、①のほうを希望しようやく治療が始まったと聞いた。
このブログがいくらでも励ましになればと、彼本人と奥さんに紹介した。
[PR]
by 05594 | 2008-05-22 10:35